卒乳前にお酒?

妊娠前は毎晩晩酌、週1外飲みしていた女です。



日常的には禁酒生活ですが、月に一度の解禁日をつくり、飲んでます。





夫ばかりが飲み会に行く姿、自由に予定を組み入れ出かける姿を見て
イラッとしていた日々にさようなら。



授乳中の飲酒


もちろん推奨されてませんし、しません。
仮に母乳にアルコールが残っていた場合
日常的にして与え続けると、大事なこどもの成長に悪影響しかないです。

またたまになら、とアルコール分が残った状態で授乳すると
お子さんがアルコール中毒になることもあります。




わたしもずぅーっと我慢していました。




しかし産後3ヵ月が経過した夏の暑い日のことじゃった。




もうだめ。
飲みたい!
なんで私ばっかり全てを我慢せなあかんのや。






ので、調べました。


カナダ政府の見解


気を付けるべきは
授乳時に母乳にアルコール分が含まれていなければ良い

この記事が出るまではアルコールを飲んだ翌日までは
搾乳して捨てていたといった友人の話を聞いて
それまたダルイし、絞り残りがあったらどうなるんだろうと心配でした。

体内からアルコールが抜けていれば、母乳にも残っていない


であれば


どうやってそれを判断するのか


それが問題だ。


母乳中のアルコール分を測るミルクスクリーン



iHerb で見つけた商品です。
アップスプリング, 乳製品スクリーン、試験紙20枚

https://jp.iherb.com/pr/UpSpring-Milkscreen-20-Test-Strips/71913?rcode=YUK3197


これよこれよ。ポチッとな。

届いたー!
IMG_2130

リトマス紙の小さいやつみたいなのに母乳をかけ
2分まって、色が変わったらアルコール分がまだあるという判断になるもの。



ミルクスクリーン使用の感想

結局お酒をしこたま飲んだのは我が子が5ヵ月になってからでしたが、

飲む⇨酔う⇨酔いが覚めた気がする⇨試験紙チェック

これで自分自身がどの程度の量のお酒を飲んで
分解にどのくらいかかるのかを理解すればいいと考えやってみた。






体感では、酒は抜けたなと思ってから念のためあと1時間待とう
くらいでチェックすると陰性だった。


久々だからなのか、お酒が体にある!という感覚が前よりハッキリわかる…
なんというか異物混入感。
これ毎日はあかんやろ感。




この写真は飲んで帰ってきた直後にやってみたもの茶色と6時間後にやってみた微妙に白のやつ。
IMG_2541

念のためここからさらに時間をあけて授乳。




人生の中で授乳期間を考えたらほんの少し

それさえ我慢できないのか?というね、ご意見。あるよねー。


しかし

私は出来ませんでした。



この気持ちをお酒でお祝いしたい!
そんなタイミングが多い妊娠発覚から出産までの日々w





妊娠〜出産〜育児開始


妊娠⇨これまでの人生で1番の喜び
そしてお祝いをいただく。シャンパンのみたっ。


出産⇨これまでの人生で1番の大仕事を終えた
10ヵ月抱えた不安からの解放。ビールで祝いたっ。


育児開始⇨はじめての事でストレス過多。たまには発散したい。



飲兵衛的にはここぞ!という場面で飲めないのはストレス。


夫が娘をみていてくれる日に酩酊しない程度に楽しんでいます。




我慢して夫にイライラをぶつけていた時よりは月に一度のご褒美デーがある方が私は生きやすい。






しかし酩酊しない…これが…なかなか怖いハードルです。




年末年始も適度に楽しませてもらいます!