夫の育休取得で家事シェアを夢見ているものの


実際は夫くん家事力-3からのスタートのため


あまりハードル上げないでと怒られました。





それでも夫が家にいるおかげでできたこと



爪をぬーーーーるーーーーーー!



産後初のネイル。


こどもの口に入ったらあれなんでラメやストーンなどはない


ドシンプルなカラーのみですが


それでもうれしい 楽しい 大好き。


ありがとうございます。ありがとうございます。




先日これまた久しぶりに友人宅に集まり酒盛りをして泊まるという

夢の半日を過ごしたのですが


後日マイケル動画が送られてきて、自分を見てこんなに笑うとかおかしい私ってなった。


女の集いって爪、メイク、など気合いが入る。


競い合いというよりは、最近の好きな色、ものをつけて行って
褒められるとうれしい、自信が持てる、からだと思っている。



それで、ネイルして
服を選ぶときほとんど無意識に

「授乳できる」「子どもが食べちゃう」「子どもがケガする」から解き放たれたぞーーーー!


っていう恰好になって我ながら笑った。

ダボっとしたニット(普段は子ども抱っこしたときに舐められるので着ない)
足首までのフレアスカート(階段上り下り危険、ベビーカーに巻き込まれるから着ない)
これでもかと指輪5つ(むしろ子ども産む前も結婚指輪しかしてなかったのに、解き放たれた感をあげるためにかこれまたほとんど無意識的に購入していた)




こういう1日でものすごく生き返った(死んでるとも気づいていなかった)
泊まった翌日は娘に早く会いたくて誰よりも早く帰った私でした。


半日ぶりの娘はいつにもましてかわいい


帰宅後半日くらいは何事に対してもドンと構える自分がいたのでした。


今回のお泊りで認識したのは

母親だからと無理に何かを我慢するつもりもないし
逆に痛い感じのおとな女子とか意味わかんない存在になりたいとも思わないが
我慢以前に物理的に無理なことが結構あるから知らず知らずのうちにストレスになって
溜まっているのだ。

授乳がしやすい服を選ぶのも
アクセサリーをつけないのも
お酒やたばこから距離を置くのも

別に苦には感じ・・・うそ、お酒は嘘!


子どものことを考えてする選択によって
実感を伴わずにストレスが発生していることは覚えておこうと思う。